fc2ブログ
現在、BS1でサッカーを見ずにBS2でワールドビューネ(ベルリン・フィル)を聴きながら書いてます。
この指揮者ご本人が振る日本フィル定期を聴いてきたばかり(於:サントリーホール)。いやぁ、親父さすが! でした。
エスプリの利いたジョーク!(バーバーの弦楽のためのアダージオの前にモーツァルトの生誕と日本フィル50周年を祝ってモーツァルトの曲を演奏してしまった)。ショスタコーヴィチ年でもあり、この日メインの第5番も演奏したから、という意味なんじゃないの、と。

演奏は、久しぶりに日本フィルらしい弦楽器の音色と、やはり管楽器も上手いですね。きちんとした鳴らしのできる演奏で、さすがに音色を操る職人・ヤルヴィの味わい。バーバーはもちろん、鎮魂風ではなかったけれども、これだけ聴かせてくれれば良い。じわっときました。

ショスタコは第三第四楽章が良かったなぁ。とくにテンポと伝えようとしてきた音楽が。

で、何故「親父ヤルヴィ」かというと「息子ヤルヴィ」が水木と東京フィル定期に客演したため。こちらはダーヴィド・ゲリンガスが弾く、電子チェロによるツゥール作曲のチェロ協奏曲がウリで、取材の結果などは本誌第13号(8月28日発売)に載りますのでお楽しみに。
 クリスチャン・ヤルヴィは初めて聴いたけど、好青年だ。
息子はまだ親父を超えられない、、、but 息子大好き親父殿は息子の演奏会に嬉々として現れておられました(爆)。
・・当然ですが時刻の設定が24時までしかできないのが不自由。
まだ私の感覚だと6月30日なのでフリーで書き込める指定時刻なら25時12分、と書きたいところです。この表記はけっこう便利なのだけれど、この間やってみたら自動的に7月1日になってしまうので、表記の時刻はウソです、はい。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://musikmond.blog73.fc2.com/tb.php/3-afbfac91