fc2ブログ
 基本的にアマチュア楽団の感想は此処には書いてこなかったが、まぁいいかと書いておくことにする。アマチュアで芸術劇場2,000席完売って、どうよ(^_^;)。異様な、というか異質な楽団である。

 2009年2月15日(日) 14時開演 東京芸術劇場
  オーケストラ・ダスビダーニャ 第16回定期演奏会
  指揮/長田雅人、曲目/ショスタコーヴィチ:オラトリオ「森の歌」、交響曲第10番、独唱/小貫岩夫(Ten.)、岸本 力(Bass)、児童合唱/すみだ少年少女合唱団

 もともと関わりのある楽団だ(だいたい、かかわりのないアマチュアを聴きにいくこと自体めったにない、なぜなら関わりのある楽団だけでも相当数に上るからだ、という事情が(^_^;)どこも魅力的で、それで十分。わざわざ他所まで探しに行くときは、相当それが興味深いコンセプトである場合に限る)。本来なら乗っかってたはずで、体調を崩して最後の詰め&合宿に参加できず、断念した。ちくそー、合唱って不自由ですな。楽隊の方なら、風邪引こうが、今回のように気管支炎になろうが、なんとかなったのに(管楽器の皆さんごめんなさい)。インフルエンザに罹ったというのもあって…まぁいずれにせよ無理だったことでしょう。

 本番ひと月ほど前から、団内でも「チケット余ってませんか~」メールが飛び交い、最終練習日には「残券回収っ!」という指令が飛び、当日券は、当日団員たちが持参したチケットを販売に回す(チケットぴあはとっくに完売)という始末。まぁ全席指定とはいえS席もなにもなく2,000円という値段もあるけれども、アマチュア公演だぞ?

 もちろん案外、全国にいくらかある有名アマチュア楽団は固定客があり、知人友人も年に1~2度のことだからと集まり、プラスアルファの魅力もあってけっこう客が入る、という団体もある。芥川也寸志先生が作られた新交響楽団や、三多摩方面のイベントオケが発祥であちこちのオケからオーディションで集まったTAMA21交響楽団。JAOの総本山・中部地方の豊橋交響楽団、地域の雄・長野の諏訪交響楽団、関西の雄・芦屋交響楽団やヅカ響。…ほかにも地域を代表するオーケストラの演奏会は、たいていが満席だったりなんかするという程度には地元ファンがついているものだが、東京のど真ん中ですし。ふぅむ。
 ショスタコ好きがコアになって、「『レニングラード』を演奏しよう」と集まったのがきっかけ。一度集まったら解散するのが惜しくなり、少しの間を置いて何度か集まり、そのうち常設の楽団になった…と、以前、取材したときにそう語っていた。
 “一生ショスタコーヴィチばっかり”演奏する楽団、というとてもとてもはっきりしたコンセプトがある(一度、違う作曲家の曲を演奏したことがないわけではないが)。なにせ日本初演なども何曲かやらかしている、たいへんオタクというかマニアというか、いまとなっては逆にメジャー…そういう楽団。

                        ・・・
 演奏は、今年は素晴らしかった…。行けるときは必ず行っており、何故かこの日は他の演奏会と重なることが多いので、行けないときはCDで聴く(でもあの迫力はわからない)。
 2日経ったこの日もまだ最終章「スラヴァ」や「スターリングラード市民が…♪」が頭の中を駆け巡っているほど強烈である。
 音圧感というのだろうか。この楽団の凄いところは、「音色」がときおり、「こんなのプロでもムリ」というような音を出すこと。歌いまわしも然り。さらに、ほぼ全員が曲を熟知しているための音楽の見通しの良さ、というのか。自分のパートだけではなく全部をわかって弾いている(吹いている)という感じがするのだ。だから自分がどんな音を出しているというよりもオーケストラ全体の音楽が聞こえてきて、それが、毎年4か月くらいしか稼動しない“季節オケ”だというのに、しっかり自分のサウンドを持っている。

 だから毎年通ってくるファンも少なくない。普通のリスナーというか、音楽を聴くのが好きな人たちにも選ばれて演奏会に足を運ばせる何かを持っている。
 もちろん、アマチュアだから個々の技量は様々だ。管・打楽器のトップや弦楽器の一部には、すご(@ @)という人たちもいるが、もちろんそうでない人たちもいる。だが「石の上にも10年」で、力量もだんだん熟成してくるのだろう。そういう凄さもないわけではない。しかし細かいところをへくっても、音楽が大きく崩れることは、無い。

 感動する、という言葉は陳腐だが、なにか“揺さぶられる”感じだ。ちくしょう、客席にいるのがいやにだなぁ…と思う程度には、私もショスタコーヴィチが好きなのだろうきっと。

 2日経って、まだその余韻を引きずる。
 それはもちろん、ショスタコーヴィチという作曲家の作品の力もあるだろう。決して、モーツァルトやベートーヴェンのように“心地よく”は無く、バッハに涙するのとはまったく違う感情を持つ。人間の、そして唯一の【ソ連の】作曲家として(【ロシアの】ではなく)として最高を極めた人の、背景にある歴史や、社会。抑圧と開放、そして合唱入りで歌われたオラトリオ『森の歌』の、ある種無邪気なプロパガンダと喜びは、かの国の人々の想いをそれこそ国境も時空も越えて伝えてくれる気すらして。

 岸本さんがまた素晴らしく、それに涙する想いだった。日本でロシア歌唱の第一人者といわれてきて何十年。堂に入った発音と、そして年齢からくる声の衰えを補うばかりの思惟と深い響きが、胸に迫る。彼の演奏は何度も拝聴しているが、こんなに素晴らしかったことも少なかったかもしれない、というような名演だった。若い小貫さんとの響きあうテノールとの二重唱もまた胸を打つ。本当に美しかったですね。

 友人たちも何人か誘ったが、ワタシは客席で唸りながら聴き、友人・Pは「来年も来ますっ!」と拳を握り締めていたので、確実にファンを1人は増やしたようだ。1,999席を埋めた聴衆も(実際、1,700強入ったらしい)、熱く、良い雰囲気だった。しかしもしかすると、アマチュアだから、かもしれない、この燃焼ぶりは。プロの本気は凄いと常々思うが、それはそれ、これはこれ。どちらも素晴らしい価値あるものだと、思っている。

 形には残らないけれど、伝わるもの、残るものは時空を超えて、ある。形の無いものこそ、真実なのかもしれないね、と思うこともある。もちろんカタチも大事だけど。そんなこと考えた一日。
(珍しくマジになったかも)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://musikmond.blog73.fc2.com/tb.php/76-285262a1